飲み込み能力の低下をサポートする嚥下食【誤嚥しにくい】

食事制限が必要な病気

和食

届けてもらう食事

人間の臓器はすべてが連動して機能しているので、そのうち1つでも欠けると問題が生じますが、現実的には病気などによってその機能が低下することがままあります。そして、これらの内臓の機能が慢性的に低下した場合の対処法としては食べ物、つまり摂取するものに気をつけることがあります。いわゆる食事療法と呼ばれるものです。機能が低下した臓器や体の状態によってその食事療法も異なりますが、中でも腎臓病の場合には、その名の通り腎臓病食と呼ばれるものを毎日の食事に取り入れることで機能の低下を防ぐのが一般的です。腎臓病食ではタンパク質の制限、食塩の制限、カリウムの制限、そしてそれらを考慮しつつ適正なエネルギーを確保することが大切です。食事療法では、なんでも減らせば良いというものではなく他の臓器を含めた身体の機能を保つためにも適正なエネルギーを確保する必要があります。とはいえ、これら腎臓病食などの食事を毎日自宅で作るというのは、ハードルの高いものです。そこで、最近はこうした食事の宅配サービスが広く利用されるようになりました。宅配といってもお弁当のようにそのまま食べられるものを届けてもらえるサービスもあれば、タンパク質、食塩、カリウムなどを制限したレトルト食品の形で提供されるものもあります。こうした宅配には腎臓病食のほかにも糖尿病などさまざまな食事制限をしなければいけない人向けの食事を提供してくれるサービスがあります。