飲み込み能力の低下をサポートする嚥下食【誤嚥しにくい】

嚥下能力に合わせた食事

お箸

食事の工夫の方法

毎年正月になると、高齢者が餅を喉に詰まらせて死亡する事故が繰り返し報道されます。また高齢者施設では食べ物が気管に入り、それが原因となって肺炎を起こすケースもよく見られます。このように、年を取ると飲み込む力、嚥下能力が低下して食事を喉に詰まらせたり、食道ではなく気管に入ってしまうことが多くなります。そういったことを少しでも減らすために、嚥下食というものがあります。嚥下食は、例えば食材を細かく刻んだり、ミキサーでペースト状にしたりしたものが挙げられます。代表的なものを紹介しましょう。刻み食は嚥下食の中では普通食に近いものです。これは固いものや大きいものを細かく刻んで提供するものです。患者さんや利用者さんの嚥下能力に合わせて大きさを調整出来ます。ただし、口の中で食塊を作ることができなければかえって誤嚥しやすくなってしまいます。認知症などで認識能力が落ちている方には向かないこともあります。ペースト食は食事をそれぞれミキサーにかけてペースト状にしたものです。単純にミキサーにかけるだけでなく、とろみ剤を用いて粘り気を出すこともあります。見た目は良くありませんが、刻み食よりは誤嚥しにくいとされています。また口の中で食塊を作ることができなくても食べることができます。ペースト食の派生としてソフト食と言われるものがあります。これはペースト食をゼリーのように固めたものです。プルプルとしていて、飲み込みやすくなっています。またムース状にしたムース食も飲み込みやすく工夫されたものになります。ここまでは普通のメニューからの工夫ですが、他にも、プリンやゼリーなども嚥下食の一種と言えます。普通のものは食べれなくてもプリンやゼリーなら食べれる状態の方は高齢者ではよくいます。また料理を柔らかく調理した軟菜食や粥もそうです。これらも普通食よりは飲み込みやすく工夫されたものとなります。

和食

塩分控えめで便利

腎臓病食は塩分控えめが主流なので、家族とは違った味付けになります。その手間がかかって負担に感じるのなら、腎臓病食を宅配してくれる専門的な業者を利用してみましょう。高齢の一人暮らしという場合にも重宝されています。

ご飯

気軽に利用できる

最近はしっかりと栄養管理されたお弁当などを宅配で毎日届けてくれるサービスがあり、それを利用する人も増えてきています。また、糖尿病食の宅配サービスもあるので、糖尿病の方や糖質を気にしている方などにもとてもおすすめです。

男性

忙しい人にピッタリ

嚥下食を作る時間が無いときは、宅配サービスが便利です。簡単な調理で食べる事ができるため、忙しくてあまり時間が無いという人にピッタリだと言えます。メニューが豊富なので、毎日違う物を食べたい人も満足できるでしょう。

和食

食事制限が必要な病気

腎臓病等の病気になった場合には食事制限を行うことでその進行を遅くすることができます。しかし、腎臓病食を毎日用意するというのはハードルが高いものですが現代では腎臓病食など食事制限をしなければならない人向けの食事を宅配してくれるサービスがあります。

男女

どんな業者を選べば良いか

宅配糖尿病食は、カロリー・塩分・糖質管理が難しい方におすすめであり、冷凍状態で届けられる事が多いので常にフレッシュな状態で食べる事が出来ます。お試しから利用可能な業者がほとんどな事から、まずは本格利用の前に複数の業者の糖尿病食を食べてみると良いでしょう。

RECOMMEND POST

和食

塩分控えめで便利

腎臓病食は塩分控えめが主流なので、家族とは違った味付けになります。その手間がかかって負担に感じるのなら、腎臓病食を宅配してくれる専門的な業者を利用してみましょう。高齢の一人暮らしという場合にも重宝されています。

ご飯

気軽に利用できる

最近はしっかりと栄養管理されたお弁当などを宅配で毎日届けてくれるサービスがあり、それを利用する人も増えてきています。また、糖尿病食の宅配サービスもあるので、糖尿病の方や糖質を気にしている方などにもとてもおすすめです。

男性

忙しい人にピッタリ

嚥下食を作る時間が無いときは、宅配サービスが便利です。簡単な調理で食べる事ができるため、忙しくてあまり時間が無いという人にピッタリだと言えます。メニューが豊富なので、毎日違う物を食べたい人も満足できるでしょう。